MENU

自分で出来る歯ぎしり対策

歯ぎしり画像

歯ぎしりは自分では気が付かない寝ている間に行われるものなので、奥さんや一緒に住んでいる方に迷惑がかかってしまいます汗 まず出来る範囲での歯ぎしり対策がありますので、出来る範囲で試してみてください

歯ぎしり防止@枕を低く

 

歯ぎしり対策@低い枕

歯ぎしりの原因ははっきりはわかっていない物の、歯並びストレスが関係すると言われています。それは日中のストレスだけではなく寝ている間のストレスも要因となるため、寝ている間の姿勢を正す事も歯ぎしりの対策としては良い方法

 

一番大切なのが枕選びなのですが、枕が高すぎると食いしばりが起こってしまうため低めの自分に合った物を使うようにしましょう。これだけで眠りの深さや体へのストレスも軽減されます

歯ぎしり防止A布団の中でリラックス

 

歯ぎしり防止Aアロマ

歯ぎしり防止対策に寝ている間の環境が大事だという事は知られています。そこで眠る際の環境作りをしてみると良いでしょう。例えば寝る時の明かりを月明りくらいにしてみるとか、眠る時にアロマを焚いてリラックスするのもお勧め

 

湿度や温度もリラックスするには大事な要素なので夏場は22度〜26度・湿度45%から65%、冬場は18度〜22度・湿度40%から60%くらいに保つと良い

歯ぎしり防止B自己暗示

 

歯ぎしり防止B自己暗示

歯ぎしり防止対策に自己暗示療法という方法。これは歯ぎしりの原因にストレスが関与している為、自分自身をリラックスさせる方法で、ゆっくりと深呼吸しながら意識を「自分はリラックスしている」と暗示にかけていだけ

 

実は深呼吸というのは副交感神経と交感神経を切り替えていく働きがあるので自然と体をリラックスさせ、この方法が身につくとストレスからくる歯ぎしりを和らげる事が出来ます

歯ぎしり防止Cかみ合わせの調整

 

歯ぎしり防止Cマウスピース

歯並びが良い人でも歯ぎしりはするのですが、歯並びが悪い人ですとそのダメージが高くなります。歯列矯正や部分矯正をして歯への負担を減らす事も大事。歯並びが原因だと思い当たる方は医療機関への受診をお勧め

 

歯列矯正までは必要ない場合、最近では寝ている時だけかみ合わせを矯正し寝ている間のストレスや顎関節への負担を軽減させるマウスピースを使用した治療方法もある

歯ぎしり防止D歯ぎしり対策サプリ

 

歯ぎしり防止Dいぶきの実

最近はいびき・歯ぎしり対策のサプリも人気。寝ている間の歯の食いしばりをやわらげるサプリなのですが、使用している大半の方が効果を実感しているようです。ストレス対策成分として知られているアミノ酸の一種・ギャバなど天然成分なので安心して使用

 

下記で歯ぎしりに効果的なサプリランキングを掲載しておきましたのでご参考に

 

歯ぎしり・いびき防止サプリランキング

 

歯ぎしりサプリ1位:いぶきの実

いぶきの実の特徴

いびき・歯ぎしりの混合タイプで悩んでいる人も多数いらっしゃる中で、その両方に高い効果が期待できるサプリがいぶきの実

還元型コエンザイムQ10・エゴマオイル・ギャバという成分がストレスを軽減し、歯ぎしりそのものも軽減するサプリ

価格 2490円
評価 評価5
備考 歯ぎしりやいびきをサプリで軽減させるなら
いぶきの実の総評

10日間返金保証もしっかりと付いているので安心

 

歯ぎしりサプリ2位:サイレントナイト

サイレントナイトの特徴

サイレントナイトにコエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウムが配合

サプリで摂取することにより、空気がスムーズに流れるようサポートしいびきを軽減させてくれるサプリ

価格 2480円
評価 評価4
備考 他社商品よりも栄養素を多く配合しているサプリでさらに実感
サイレントナイトの総評

歯ぎしり・いびきにはストレス軽減や食事の見直しが必要なので、サプリで必要成分をしっかりカバー

 

歯ぎしりの4つの原因

歯ぎしりの原因となる事柄も上げておきます。当てはまる方は少しでも改善できないかを確認しましょう!

歯ぎしりの原因@ストレス

 

歯ぎしり原因@ストレス

歯ぎしりの原因として最も多いものがストレス。仕事の失敗や人間関係の不和、転職や引っ越しなどの環境の変化で歯ぎしりが起こったり、強まったりすることがあります。また、さらにストレスがたまると、歯が欠けたり、以前に治療した歯の詰め物が取れたりすることがあります

 

歯ぎしり対処方法としては、ストレスを上手く発散することが重要!ストレスを無くすというのは社会で生活をしている以上不可能と言われています。そのため、趣味活動などを通してストレスを発散することが予防につながる

歯ぎしりの原因A歯のかみ合わせの悪さ

 

歯ぎしりの原因Aかみ合わせ

歯並びが悪いと、歯のかみ合わせが変化していき、歯ぎしりが発生しやすくなります。さらに歯のかみ合わせが悪い人が歯ぎしりをすると、歯と歯のかみ合っている部分が少ないためその部分に力がかかり、かみ合わせがいい人に比べて歯のダメージが大きくなります

 

対処方法としては、歯医者に行き歯列矯正をおこなう、詰め物をする、マウスピースを付けるなどをして、かみ合わせの矯正や顎関節の矯正を行うことで改善することが出来ます

ただし、これらの治療はどれも時間がかかるものなので注意が必要

歯ぎしりの原因B過剰な喫煙や飲酒

 

歯ぎしりの原因B喫煙や飲酒

過剰な喫煙や飲酒も歯ぎしりの要因の一つ。喫煙の場合は睡眠時のニコチンの不足が原因で、不安感やストレスが生じ、歯ぎしりを起こします。飲酒の場合、アルコールの摂取により睡眠が浅くなり、ストレスが生じて歯ぎしりを起こします

 

対処方法として、喫煙、飲酒量を少なくすることが挙げられます。急激に摂取量を減らすと、それによるストレスや不安により、歯ぎしりがさらに悪化する場合があるので、徐々に量を減らしていくことが重要

飲酒、喫煙は少量ならストレスの発生を抑える効果もあるので、ほどほどに楽しむよう心がけましょう

歯ぎしりの原因C逆流性食道炎

 

歯ぎしりの原因C逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃液が逆流し、食道が炎症を起こす病気です。胸やけや腹部の張りなどが症状として現れます。胃液は横になっている睡眠時などに逆流しやすく、胃液が逆流してくると、口の中が酸性になります。これを代償しようと、唾液を多量に分泌しようとして歯ぎしりが起きます

 

対処方法は、近隣の消化器科を受診し、逆流性食道炎の治療を行う事。逆流性食道炎の原因として脂肪分や糖分の多い食べ物やアルコール、カフェインなどの過剰摂取が挙げられるので、これらを控えることが予防につながります

 

 

>>>歯ぎしりサプリランキング1位「いぶきの実」をもっと詳しく