MENU

お酒を睡眠薬代わりに飲むは直ちにやめるべし

お酒は眠りの質を落とす

 

お酒 睡眠薬

睡眠薬代わりに寝る前にお酒を飲むのが習慣となっている人が多いかもしれません。しかし、この行為は睡眠の質を低下させてることをご存知でしたか。

確かにアルコールはリラックス効果がありますし、体温を急上昇させて急降下させることから入眠にはもってこいかもしれません

しかしアルコールには利尿作用があるので睡眠中に尿意を覚えて起きてしまったり、またアルコールが分解されてできたアルデヒドという物質が、交感神経を刺激して体温を上昇、睡眠の質を下げてしまうのです。

 

人間は起きているうちは交感神経が、睡眠中は副交感神経が優位になっているので、睡眠中に交感神経が優位になることで、目が覚める可能性が高いのです。

 

お酒が駄目ならすぐに睡眠薬なのか?

お酒を睡眠薬代わりに使うのがダメなら、いっそのこと睡眠薬を飲んだ方がいいとも言えます。ただ、睡眠薬には常習性があり、しかも飲み続けることで効果が出にくくなるという耐性もあります。そのため医師から処方されるような薬はちょっと不眠程度ならやめた方がいいでしょう。

 

もちろん重度な不眠であるなら、医師による処方が望ましいですが、その際はきちんと通院をして用法用量を守って服用することです。

 

お酒の代わりに睡眠サプリ

お酒はダメ、薬にも頼りたくない、そんな方におすすめが睡眠サプリ

 

睡眠サプリ

その名の通りサプリなので薬ほどの高い効果はありませんが、その分耐性や依存性も少ないというメリットもあるのです。

 

サプリの場合

 

薬とは違って脳に直接働きかけるのではなく、心と体をリラックスさせて心地よい睡眠に導くのが目的です。そのため即効性は期待できないかもしれませんが、副作用の心配もほとんどありませんし、飲み続けることでいつの間にか睡眠の質が上がってぐっすり眠れるようになっているかもしれません。

いくらサプリを飲んだとしても夜遅くまでパソコンやスマホを見たりなど神経を高ぶらせる行為は控えてくださいね

 

>>不眠症サプリランキング TOP

 

 

睡眠薬依存症克服するためには

不眠症のメカニズムとは

 

近年世代性別問わずに増えているのが不眠症であり、不眠症はその名のとおりに夜中に暗闇で目を閉じても自発的に睡眠状態に入れないことです。

 

その原因には

 

パソコンの強い光

ストレスやパソコンといった強い光を常に浴び続けることによって、本来暗闇にして目を閉じると自発的に脳が眠るということを察知してリラックス物質を出し眠りに尽きます。しかしストレスや強い光を浴びると脳が1日に活動するのに必要な興奮物質を常に出し続けることになるので、眠りにつくために必要なリラックス物質が阻害され眠れなくなります。そ

 

の状態が続くと不眠症になり、不眠症になると眠ることで脳のリラックス効果によるストレス軽減や病気の発祥リスクの軽減ができなくなるので注意が必要です。

眠れなくなるために使う睡眠薬にも注意がいる

不眠症が続くとストレスがたまり精神不安となりうつ病を発症率の増加や病気の発祥リスクの増加など体にとってよくないことですが、しかし眠れないことに悩むと逆効果になってしまうので注意が必要です。

 

自発的に眠れなくなった人のための対策法

 

一般の薬品店でも取り扱われるようになっている睡眠薬を使うことです。睡眠薬は主に風邪薬や抗アレルギー薬に使われているものですが、先に言ったとおりに自発的に眠れないのは睡眠物質であるリラックス物質が興奮状態で分泌されないことです。

 

そこで睡眠薬は興奮状態であっても、含まれている薬効成分で強引に分泌を促し眠りにつくのです。その効果によって一時的に不眠症予防となり、少なからず眠りにつけることで改善につながるといえます。

 

睡眠薬依存の注意点と対処法

睡眠薬を飲めば不眠症を改善できるといえますが、しかし睡眠薬には依存症が高いということです。根本の原因が解消されていない段階では、脳が通常状態では分泌できない状態ことを記憶し睡眠薬を飲まなければいけないという思い込みが入り込んでしまうことになり依存症に発展してしまうのです。

 

そもそも薬自体が化学合成された薬品のため、実際に飲み続けると臓器に負担がかかり体にとってよくないことになります

実際に依存症となった場合には

 

薬を飲むことをやめて、その上で病院を受診し眠れない原因を探り解消するようにします。そして自分で出来ることとしては、寝る前に分泌しやすいように寝る前の5分前に温かい飲み物を取るのと体を温める軽いストレッチをすることで眠りにつきやすい状態を作ることが大事

 

 

>>不眠症サプリランキング TOP