MENU

エバミールってどんな睡眠薬?

エバミール

エバミールは日本では1990年に認可された比較的新しいお薬で、成分はロルメタゼパムといいます

 

ロルメタゼパム

 

ベンゾジアゼピン系の薬で安全性が高く、広く不眠症の方に処方されています。ベンゾジアゼピンは脳の眠りの受容体で、そこを刺激することによって眠りを引き起こしますので、エバミールにより強制的に作用を弱めることができます

 

睡眠障害にも様々な種類がありますが、エバミールは入眠困難の場合と夜中に何度も目が覚める中途覚醒を改善させるために使用されています。丸く白い形をしており、それほど大きくないので比較的飲みやすく、不安や緊張をほぐし、リラックスをさせて自然な眠りに誘導していきます

 

エバミールの効果・作用時間

エバミールの効果

エバミールの効果

 

効き目がよく即効性があります。強いタイプの睡眠薬ではありませんので、不眠症の場合はまずこの系統の薬が使用されます。効果は短時間型ですが、その中でも中間型に非常に近い薬ですので、即効性と作用の長さが適度にあると言われています。エバミールはバランスの良い薬なので広く処方されているとも言えます

 

他の効果は

 

肝臓への負担が少ないとされていますので、エバミールは高齢者で沢山お薬を飲んでいる方や、肝臓が悪いという方には比較的向いているお薬といえます。その点から見ても、他の睡眠薬の相互作用も少ないと言われています

エバミールの作用時間

 

エバミールの作用時間

エバミールは中時間型に近い短時間型のお薬です。服用してから1〜2時間程度で血中濃度が最高値になり、半減期は10時間とされています。つまり、飲んでから1〜2時間で最大の効果を迎え、10時間経てば薬の効力が切れて目が覚めるということになります

 

短時間型にしては作用が長いほう

 

こうした面からもバランスがいいと言えるでしょう。睡眠薬の中には即効性はあるけどすぐに切れて目が覚めるといったものもありますが、エバミールの場合は程よい長さで効果が持続しますので、ゆっくり、そしてぐっすり眠りたい人にも最適といえます。

ただし個人差もありますので、医師と相談して効果や副作用の経過を見つつ選んでいきましょう

 

副作用はあるの?

エバミールの副作用@眠気

 

副作用@眠気

眠気はエバミールの特徴的な副作用です。この睡眠薬は血中濃度半減期が長い特徴を持っています。10時間にもおよびますので、寝る前に服用すると、朝目覚めた時にも薬の効果が残ってしまうことがよくあります。持続効果が長いことから、眠気が取れなかったり、目覚めがよくないといった状態を感じやすくなります。しかし、ゆっくりと効き目が変化することから、依存性が低く、安全に使いやすい睡眠薬として評価できます。

翌朝の眠気が気になるなら

 

早めに就寝すると、朝の通勤や作業の際の眠気対策が可能

エバミールの副作用A耐性・依存性

 

副作用A耐性・依存性

依存性に関しては他の睡眠薬と比較して、とても少なくなっています。ただ1回の服用量が多く、長期間使い続けると耐性がついてしまうリスクが高まります

 

耐性がつくと

 

今までの服用量では十分な治療効果が得られなくなるなどの問題が発生するため注意が必要。医師の指導にしたがって正しく使っていれば、まず起こらない副作用

 

依存性に関して

 

正しく使っていれば発症は稀です。安心してエバミールで治療を継続できます。発症するとすれば耐性と同じく多めの量を長期間服用し続けた場合。服用を中止した途端に不安感が強くあらわれたり、身体の震え、筋肉の痙攣に頭痛、幻覚などの症状が見られるようになります

エバミールの副作用Bもうろう状態

 

副作用Aもうろう状態

エバミールを服用することによって、もうろう状態に陥るケースがあります

 

もうろう状態とは

 

身体や意識がはっきりしない状態で、ぼーっとしてしまうようになります。もうろう状態に陥ると、ふらついたり、日常の動作が思うようにできなくなったりしますが、比較的軽い副作用ですので、あまり心配する必要はありません。薬の効き目が弱まってくれば、次第にこの症状も治まります。その間は安静に過ごしましょう

 

あまりにももうろう状態が辛く感じるのであれば、薬との相性が悪い可能性がありますので、かかりつけの医師に相談してください。別の睡眠薬を処方してくれるなど調整してくれます。

エバミールと上手に付き合うには、医師との信頼関係が不可欠

 

エバミールを服用してみての口コミ・評判

夜に小用に起きる事もなく助かっています

 

エバミールを服用してみてですが、私の場合は、エバミールは合っているようです。効き目が短時間であるとの説明を医者から受けていますが、確かにその通りで、睡眠導入時にはよく効いていますが、その後は短時間で作用がなくなるためか、朝に残りません

 

私は今はアルコール類は飲みませんが、過去の経験から言うと、寝る前にビールの500ml缶を一本飲んで、アルコールが抜けてくるとともに自然に寝るような感じに近い気がします。もちろんビールとは違い、取る水分は小さいコップ一杯程度ですので、夜に小用に起きる事もなく助かっています

(34歳 女性 Hさん)

エバミールの使用感

 

睡眠時間を7〜8時間くらい取れる場合には、エバミールは良い薬です。夜飲んで、朝までぐっすり寝る事ができます。このくらい寝れば、朝から快活に活動できます

 

問題点としては、私の体の場合、エバミールを飲んだら7〜8時間は寝なければいけないという事でしょうか。睡眠薬を飲んでなければ、多少睡眠時間が短くても1日か2日程度であれば、カフェインを多く摂ったりモチベーションを高くする事によって、普通に活動できますが、睡眠薬の場合にはそれができません

 

でも他の方の口コミを見ても、エバミールはそんなに強い薬ではないみたいですし、睡眠時間さえ確保できれば安定的に効いていますので、このまま続けてようと思っています

(28歳 男性 Kさん)

睡眠導入剤のエバミール

 

近頃仕事のストレスがピークに達し、色々と身体に不調が現れ始めました。内科などで診察を受けましたがとにかく休養が大切と言われ、特に薬は処方されませんでした。しかし不眠で眠ることもままならず、心療内科へ行きエバミールを処方してもらいました

 

睡眠導入剤は初めてだったのでネットで口コミを読んだりもしました。緩やかな効き目だと知り安心して飲み始めたのですが、最初こそそれなりに眠れるようになりましたが暫く続けると指定された用量では寝付けなくなりました。薬には合う合わないがあるため仕方ないことですが残念でした

(42歳 女性 Mさん)

 

 

>>不眠症サプリランキング TOP