MENU

睡眠導入剤のリスミーってどんな睡眠薬?

リスミー画像

睡眠導入剤には様々種類があり、使われる成分にも違いがあります。睡眠導入剤ですが、リスミーというものがあり、ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬となります

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は最も多く利用されている睡眠薬であり、しっかりとした催眠作用があることが特徴になります

 

リスミーは、昔の睡眠薬であるバルビツール系のように、大量に服用してしまっても致死的になることもほとんどなく、処方するも安心して処方でき患者にとっても安心でき、効果もある睡眠導入剤になります

 

リスミーの効果

不眠症

睡眠薬を利用する人の多くは不眠症に悩まされている人になりますが、不眠症にも種類があります。不眠症の症状としては、夜になかなか眠りにつくことができない入眠障害、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒、早朝など朝早くに目が覚めてその後は眠りにつくことができない早朝覚醒、睡眠時間は十分にとっているのに熟睡した感じのしない熟睡障害があります

 

睡眠導入剤といわれているため入眠障害に効果はありますが、リスミーは半減期がそれなりの時間あるため中途覚醒や早朝覚醒に特に効果を発揮

 

リスミーの作用時間

 

リスミーの作用時間

睡眠薬は作用時間により分類することができ、薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間である半減期が2〜4時間である超短時間型、6〜10時間である短時間型、12〜24時間である中時間型、そして24時間以上になる長時間型の4つに分類することができます

 

その中でもリスミーは分類上は短時間型になるのですが、服用してから血中濃度が最高値になるまで3時間ほど必要とし、半減期も8時間から13時間と長めとなっており中時間型としての特徴もあります

そのためリスミーを服用してから即効で効果が出てくるのはなく、多少時間がかかるため即効性はなく、眠りにつかすよりは、長く眠らすことに有効な睡眠薬といえるものになります

副作用はあるの?

リスミーの副作用@眠気

 

副作用@眠気

リスミーは効果は穏やかですが副作用も少ない睡眠薬。しかし、全く副作用が出ないわけではなく、眠気の持ち越しがその1つです。睡眠薬は夜だけに効いてくれたらありがたいのですが、効きすぎてしまい、翌朝にまで眠気が続いてしまうことがあります。この事を持ち越し効果と言い、眠気だけでなくだるさや集中力の低下、ふらつきなどが見られることがあります

 

眠気が強くて朝に起きられなくなったり、ぼーっとしてしまい集中力が起こせなどが続くと、生活に支障が生じるだけではなく、交通事故などの危険性も出てきてしまうため、リスミーを半減して使用するか、リスミー以外の効果の穏やかな睡眠薬に変更するようにします。実際は効果が穏やかなため副作用なのか分かりづらいときもあります

リスミーの副作用A耐性・依存性

 

副作用A耐性・依存性

リスミーを漫然と使用していると、依存を形成してしまうことがあります。そのため使用しはじめる時に、しっかりと出口を見据えて使用することが大切になります。依存には、身体依存と精神依存、耐性という3つのポイントがあります

 

身体依存とは

 

薬が急になくなることで、身体がビックリする状態。薬に慣れてしまっているため、なくなることで不眠症が以前よりも酷くなってあらわれたり、体調不良になったり

 

精神依存とは

 

心が薬に頼ってしまうこと。不眠の辛さを知っているだけに、薬の効果が切れることが怖くなり、心が薬を手放せなくなっている状態

 

耐性とは

 

身体が薬に慣れてしまい、薬の効果が感じられなくなることです。はじめは1錠で効果があったにもかかわらず、1錠では効果が感じられなくなってきたら要注意

リスミーの副作用Bもうろう状態

 

副作用Bもうろう状態

リスミーを服用することで、もうろう状態になってしまうことがあります。これは、リスミーに含まれる睡眠効果のある成分の作用によるもので、中途半端な覚醒状態を引き起こすためです。これがさらにひどい状態になると、健忘を起こすことがあります。朝起きてみたら、見に覚えがないお菓子の袋が散らばっていたなど、実際に起こった例があります

 

リスミーを服用する時には

 

しっかりと寝る態勢を整えて、充分な睡眠時間を確保した上で利用することが大切。そうしないと例にあげたような重大な事故を起こしてしまう可能性もあります。副作用を感じられたら、医師に相談することを心がけましょう

 

リスミーの口コミ・評判

リスミーに認知できる副作用はなし

 

就寝の90分前くらいに服用するとちょうど良い時間に寝られます。リスミーは効き目の持続時間が短時間〜中時間タイプらしく、寝起きも良く、起きてから30分も経てば頭がはっきりしてきて、ちゃんと活動できるようになります。

 

効いている時間が短めなので、時々、早朝というか早すぎる時間に起きてしまうのが残念ですが、リスミーはメリットの方がはるかに大きいので、これからも服用したいと考えています。口コミでも多く見られますが、副作用はさほどありません

(26歳 女性 Yさん)

リスミーを服用した口コミ

 

仕事が忙しく腹側な生活から不眠になりました。病院でリスミーを処方して貰い服用した時の口コミですが、良かった点は無理やり眠らせるという感覚ではなく、自然に近い形で入眠することが出来ました。寝つきがとても良くなったと感じています

 

良くなかった点は、服用し始めた数日間は、翌日まで眠気が残ってしまい目覚まし時計では起きることが出来なくなってしまいました。頑張って起きていても、昼間でもウトウトとしてしまい、仕事にならなかったのでとても困りましたが1週間ほどで体がリスミーに慣れてきました

(30歳 男性 Uさん)

不眠時にリスミーを服用

 

どうしても夜に眠れなくなり市販の薬を服用していましたが、効果がなかったので病院でリスミーを出してもらいました。リスミーを使ってみたのですが、先生によると睡眠薬としてはとても軽いものだと言う事でしたが、すぐに眠ることが出来ました

 

入眠してからは、途中で一度も起きる事はなかったです。朝には自分で起きることが出来ましたし、しっかり寝たと実感することが出来ました。ただ翌日に薬が残ってしまい歩行時にふらつくことがあったり、一日中眠い状態が続きましたので服用は中止いたしました

(22歳 女性 Nさん)

病院で処方されたリスミー

 

睡眠が上手く取れなかったので、どうにからならないかと思い、病院に行ったらリスミーを処方していただきました。リスミーは飲んでから効果が出るまで時間がかかり、即効性が無かったのが残念。もう少し即効性があれば良いと思います

 

長く寝たい方には良いと思いますが、寝つきを良くしたかったので少し残念。また薬が大きいのでもう少し小さいと飲みやすいのでその点を改善してもらえたらいいと思いました

(41歳 男性 Aさん)

 

 

>>不眠症サプリランキング TOP